カスタムIME(イヤーモニター)、オーダーメイド耳栓の耳型採取サービス

あんしん補聴器ではイヤホン・ヘッドホン専門店のe☆イヤホン様からの耳型採取紹介店舗の1つとして

カスタムIME用、オーダーメイド耳栓用の耳型採取サービスを行っております。

ご相談、ご予約はお電話、メール、お問い合わせフォームからお伺いしますのでお気軽にご相談ください。

下記に耳型採取の手順を記載していますので、ご参考ください。

インプレッション

採型道具

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ、ご予約はあんしん補聴器まで

☎  082-921-3305

📧 mail@anshin-hochoki.jp

耳型採取の手順

①耳のカウンセリング

お客様の耳型を安全に採取できるように、補聴器販売における禁忌項目を参考に下記項目をチェックします。

耳鏡(オトスコープ)(※1)を使用し、耳道内も観察させていただきます。

該当項目がある方の耳型採取は行いません。また、18歳以下の方には保護者様の同伴をお願いします。

 

  ・耳の手術を受けたことがある。

  ・最近3ヶ月以内に耳漏があった。

  ・最近2ヶ月以内に聴力が低下した

  ・最近1ヶ月以内に急に耳鳴りが大きくなった。

  ・外耳道に痛みまたは、かゆみがある。

  ・耳あかが多くたまっている。

 

※平成30年2月6日に内容修正しました。

※1 耳鏡(オトスコープ)

②ストッパーの挿入

ゲル状のインプレッション材(印象材)を耳道に挿入する前に、材が鼓膜まで流れ込まないように、綿もしくはスポンジ製のストッパー(※2)を挿入します。挿入にはペンライト(※3)を使用し、安全性に万全の注意を払い行います。ストッパーは耳道の太さに応じて適切なサイズを使用します。

※2 ストッパー

※3 ペンライト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③インプレッション材の注入

インプレッション材(※4)は主流の1対1で混ぜ合わせるものを使用します。カスタムIMEは補聴器と比べて、遮音性を求められますので、インプレッション材の粘度、注入圧を適切に加減して、シリンジ(※5)を使い注入します。

インプレッション材は5分ほどで固まります。陰圧で鼓膜が引っ張られないように通気をしながら、ゆっくりと抜く出します。

※4 インプレッション材

※5 シリンジ

注入後イメージ

インプレッション

 

安全・衛生対策

耳型採取サービスにおいては、万全の安全、衛生対策を講じます。

①機材の安全な取り扱い

補聴器メーカー時代に、販売店の販売員様の耳型採取講習の講師を数多く経験させていただきました。耳鏡、ペンライト、シリンジなどの機材は適切な取扱方法を守る限り安全ですので、ご安心ください。

②機材の衛生管理

使用する機材は毎回すべて紫外線消毒して使用します。

また、採取前に手先の消毒、マスクの着用を行います。

耳型採取サービス料

5,400円(税込)

※再採取料金は1回まで頂戴しません。(採取日から3か月以内)

※左右採取いたします。(左右でも5,400円です。)

注意事項

耳あかが多い場合、正確に採型できない場合がありますので、予めご確認の上、ご来店をお勧めします。また、耳あか掃除直後は耳型採取に適しませんので、採取日直前の掃除はお避け下さい。

②当店の耳型採取サービスは、カスタムIEM(イヤーモニター)購入の際のサポート業務となります。製品自体に関するお問い合わせは対応しかねますので、ご承知おきください。

③サービスのご利用にあたって、事前の予約をおねがいしております。予約のない方はお客様が重なった場合お待たせする可能性がございますので、ご留意ください。

 

 

お問い合わせ、ご予約はあんしん補聴器まで

☎  082-921-3305

📧 mail@anshin-hochoki.jp

あんしん補聴器のご案内状(PDF)はこちらからダウンロードできます。

☞ あんしん補聴器ご案内状