あんしん補聴器の7つの特徴

代表の水兼は、補聴器メーカーでの約10年間の勤務を通して、北海道から沖縄まで、日本全国の補聴器販売店さん、眼鏡店さんや耳鼻科の補聴器外来のサポートしてまいりました。その中培った製品知識、音質調整技術、メンテナンス技術を活かして、充実したサービスを提供いたします。

①補聴器メーカー出身の認定補聴器技能者がサービスを担当いたします。

理想の補聴器ライフを実現するためには、求められるサービスがあります。それぞれに対して、これまで補聴器メーカーで培った経験を活かしてサービスいたします。

①適切な補聴器選び

聴力、耳の状態、使い勝手、装用感、ご利用環境、見た目などを総合的に判断して、適切なタイプとグレードを選択することが求められます。

 

     

②音質調整技術

難聴のタイプ、申告される問題点に応じて、理にかなった音質調整や、デジタル補聴器の諸機能(雑音抑制、指向性マイク機能等)の設定を施す必要があります。

フィッティング画面例

③点検・メンテナンス技術

補聴器の仕組み、構造、機能、取扱方法を把握して、正常に動作をしているか、汚れが感度に影響していないかなど、点検・メンテンナンスを施す必要があります。必要に応じて、メーカーの正規点検に出します。

 

②お試しをして、効果、使い勝手、装用感、快適性を確認して購入できます。

補聴器選びは慎重さが求められます。購入前に購入後の不具合を最小限にするために、様々な観点からチェックをしていただきます。あんしん補聴器では、3か月の無料貸出サービスを実施しています!補聴効果、騒音下での快適性、聴き取りなどの評価が定まらない段階で決定して、後から後悔をされないようにじっくり時間をかけて選んでいただきます。効果測定には、音場スピーカーを使用した客観評価、アンケートを使用した主観評価と2重で評価し、測定精度を高めるようにしています。

③ご本人だけでなく、ご家族の方にも、機種選択、音質調整などフィッティング、点検・メンテナンスなどの各プロセスをご説明いたします。

実は、補聴器のご相談には、ご家族によるご相談がとても多いです。むしろご家族からのご相談のほうが多いとさえ感じます。コミュニケーションは双方向ですので、ご本人の会話が聴こえにくいというお悩みと同様に、ご家族の会話が通じにくいというお悩みも生じます。

あんしん補聴器では大型の画面を使って聴力の説明だけでなく、メーカーソフトの難聴疑似体験機能を使って、ご家族の方にご本人がどのくらいの聴こえの状態かを知っていただくサービスがとても好評いただいています。その他、機種選択、補聴器のフィッティング状態、補聴効果などのプロセスをできるだけオープンにして、納得・安心の補聴器選びをサポートしています。

難聴疑似体験ソフト画面

④店内を防音化し、高精度の補聴器調整、効果測定を図っています。

優良な補聴器販売を実現するため、店内の防音化を図りました。内壁には防音材を充填し、ペアガラスを使用し、ドアには防音性の高いものを使用しました、窓は2重サッシにしています。専用の防音室も備えていますが、防音室の外でも各種測定が可能な静穏レベルにしています。

⑤専用設備の充実化を図っています。

充実した補聴器のカウンセリング、調整、メンテナンスには、充実した設備が必要です。あんしん補聴器ではお客様サービス向上のため、今後も継続して設備の充実化を図っていきます。

補聴器メンテナー (真空乾燥&吸引)

超音波洗浄器(耳せん洗浄)

デジタル顕微鏡(細部点検)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

聴力測定器

音場スピーカー(効果測定)

騒音計(校正)

 

モニター(ご説明用)

ミニルーター(シェル修正)

D-strage(試聴器の保湿保管)

 

 

 

 

 

 

 

 

⑥個別にお客様レポートを作成します。

お客様やご家族がお使いの補聴器の状態を把握していただけるように、店舗で管理するカルテとは別にお客様ごとに現在お使いの補聴器の調整状態、効果確認状況、取扱方法、設定している諸機能、今後の調整方針などをまとめた「お客様レポート定期的にお送りします。

⑦購入特典として空気電池をサービスいたます。

ご購入後のランニングコストとして必要になるのは、メンテナンス費空気電池費です。あんしん補聴器ではご購入者の通常メンテナンス費は無料で行います。またご購入1台あたり5シート(30個)サービスいたしますので、おおよそ1年間の維持管理費を心配する必要なくスタートできます。